さがしものは何ですか?

osusume, arimasu.

[書籍] 仕事は味方

 

おすすめ文

【内容】
『戦わない経営』の著者が贈るメッセージ。帯には「幸せと人生と自分らしさは、仕事でつながる。」と書かれている。「幸せについて」、「人生について」、「自分らしさについて」、「仕事について」の4つのパートに分かれており、それぞれポエムのようなメッセージが載せられている。以下に、印象に残った内容を挙げる。


幸せについて~About Hapiness~
◆忙しい人は 忙し過ぎて 幸せになるヒマがない
このままでいいのかな?と自分に聞いてみないのは、なぜだろう?なぜなら、そこには、恐れがあるから。自分は一番大切な存在。だから、それを受け取るのが怖い。幸せを真剣に考えるということは、自分で受け取るということ。今の自分自身を見つめるということ。それは、とても怖いことだったりする。だから、考えないようにしてる。幸せのことを真剣に考えないようにしてる。それだけ怖いのは、自分の自分以下に見積もっているから。自分、は思ったほど、悪くない。だから、勇気を持って、えいっ、と受け取ってみれば、きっと、自分以上の自分に出会える。
◆成功とは、幸せになること
本当の成功は、幸せになること。多くの人が追いかけてしまう、出世やお金や有名は、その目的のための手段でしかない。でも、それらを追いかけていると、その先が見えなくなる。幸せというゴールが見えなくなって、手段そのものが、目的になってしまう。だから、成功しても幸せになれなかったりしてしまう。成功とは、幸せになること。
◆幸せになる自分を許す
不思議なことに、人は、幸せになることに、抵抗する。「幸せになっていいのかな?」と思ってる。幸せになることに、不安を感じている。それは、幸せになることによって、何かが失われるのを恐れているから。人は、不思議なことに、何かひとつ得たら、何かひとつ失うべきだと考えている。何かを犠牲にしなければ、幸せになれないという思い込み。それを捨てよう。幸せになろうとする自分を許せば、人は、すぐに幸せになれる。


人生について~About Life~
◆人生=時間=命=仕事
人生とは、与えられた時間のこと。だから、時間と命は同じ意味。そうやって考えると、命を大切にするってことは、時間を大切にするってこと。だから、時間はとても大切。そんな大切な時間の中で、たくさんの時間を過ごすのは、仕事の時間。だから、その仕事がつまらなかったら、人生は、かなりつまらない。だから、命を大切にしようって思ったら、仕事を大切にしなきゃ。
◆人生の目的
人生の目的は、関わるすべての人を幸せにすること。成長して人間力を高め、人の幸せに貢献できるようになること。そう考えられるようになってから、ずっとラクになった。ずっと、ハッピーになった。生きるのが、楽しくなった。人生には、意味があったほうが、おもしろい。
◆主役の責任~雪が降っても自分の責任~
人生で起こる色々なことの責任は誰にありますか?そう聞かれた時、すぐに、それは自分、と言えるだろうか?主役には、主役の責任がある。それは、「人生で起こるすべてのことは、100%自分の責任」と覚悟すること。「雪が降っても自分の責任」人生は、そう思えるくらいに覚悟した人だけを、主役にしてくれる。


自分らしさについて~About yourself~
◆引き算の成長法則
人はだれもが素晴らしい力を持ってる。その人にしかない、ステキな力。でも、同じように、だれもが、自分を邪魔している力も持ってる。そしてそれは、ステキな力が大きければ大きいほど、大きかったりしてしまう。だから、足すよりも、引いてあげる。自分を邪魔している力を、引いてあげる。人は、それだけで、大きく変わる。
◆「自分らしさ」という貢献
社会性も、大事。人は人と同調する事で、社会に貢献している。けど、違い、で貢献していく方法もある。違いは、自分らしさ。仕事では、違いは、価値になる。違うことが、社会にプラスになっていく。だから、「人と同じようにしよう」と言う回数より、「自分らしさを生かそう」と言う回数を増やそう。


仕事について~About work~
◆仕事は味方
仕事は、味方。仕事は、私たちの人生に、ものすごく大きな意味を持って存在している。それは仕事を遠くにおいておくと、分からない。近づいてみて、初めて分かる。一体になって、初めて見えてくる。だから、もう一歩、仕事に近づこう。
◆なぜ、仕事は疲れるんだろう?
どんなに好きな仕事だって、どんなに得意な仕事だって、戦っていると、疲れてしまう。私たちはそうやって、仕事に疲れてしまう。戦いは、無ければ無いほうがイイ。それは私たち全員の本音。だから、思い切って、「仕事=戦い」という前提を、捨ててみよう。
◆いい仕事とは、自分を成長させてくれる仕事
「いい仕事」っていう理由は、けっこう思いつく。けれど、どんな仕事であれ、それが、自分の成長につながっていない仕事は、むなしい。それは、成長と幸せは、つながっているから。でも、人は、なぜか、幸せ以外のものを大事にしたがる。そして、幸せを犠牲に、お金や安定や自慢を守ってしまう。一番大切な、幸せを犠牲にして、他のものを守ってしまう。もちろん、お金や安定や自慢も大事。だけど、幸せが一番大事なハズ。だから、どんな仕事であれ、自分が成長できる、それが一番、いい仕事。
◆最高の報酬
最高の報酬、それはお金じゃない。もちろん、お金は大事。生きていくためにも、自由になるためにも、お金は大事。でも、それ以上に大切なのは、自分は誰かにとって大切な存在だと思えること。自分で自分を大切な存在だと認められる気持ち。自己重要感。だから、「ありがとう」って言われるとき、「あてにしてるよ」って言われるとき、「任せるよ」って言われるとき、私たちは、最高の報酬をもらってる。
◆日々のあきらめ
大切なのは、何か大きなピンチがあった時に、あきらめないことじゃない。注意しないといけないのは、日々のあきらめ。あとちょっとで100になる仕事を、90くらいであきらめてしまったりする。そういう、日々のあきらめ。そんな仕事を、あきらめずに追っかけたら、絶対にできないと思っていた仕事が、できるようになる。だから、ちょっとだけがんばろう。90を91にするだけでいい。それが積み重なれば、きっと、すごい事になる。



【感想&気づき】
お薦め度:★★★★★(5段階評価)
「戦わない経営」に続く著者の第2弾。今回も、ポエムのように、大変読みやすい本になっている。
今回、この本を読んで、感じたのは、「自己肯定感」と「仕事を味方にする」ということ。
それぞれ、自分自身で出来ているなと思えるときもあれば、なんとなくうまく回っていないなと感じるときもある。
これからは、少しでもその波の浮き沈みを減らして、安定してできるようにしていきたい。



【お知らせ】
アウトプットで自己成長!!
http://ameblo.jp/smile-coach

こんなあなたにおすすめ

Smile-coach

基本情報

かんき出版 − 浜口 隆則

投稿者

smile-coach

最終更新

2008-08-07 07:33:48
 

コメント

  • ■ flyly08@gmail.com

    今回、この本を読んで、感じたのは、「自己肯定感」と「仕事を味方にする」ということ。
    それぞれ、自分自身で出来ているなと思えるときもあれば、なんとなくうまく回っていないなと感じるときもある。
    これからは、少しでもその波の浮き沈みを減らして、安定してできるようにしていきたい。
    toms outlet uk  2017-05-25 12:08:22

コメント入力フォーム

左の画像内の文字列を入力してください。(スパム防止用)