さがしものは何ですか?

osusume, arimasu.

[書籍] たった一言が、人生を変える

 

おすすめ文

【内容】
巻頭・プロローグには以下のように書かれている。
・「人間として生まれてきて、最高に幸せな人生とは、世のため人のために生きること」たったこの一言が、私のその後の人生を大きく変えた…。
・自分のためだけに生きることは、実は不幸の原因となるのです。人間的に成長しないからです。ということは、いつまで経っても、精神的にわがままな子供の状態でいるということです。
著者がであった「たった一度の人生を熱く熱く生き抜いた勇気の人、信念の人」から学んだメッセージを全部で10の物語とともに紹介している。以下に、それぞれ印象に残った点を挙げる。


■人生を変える一言
たった一言が一人の人生を変える たった一言ほめられただけで ダメな人間でも、命懸けで生きられるようになる ある、ことばの達人は言う「ことばの前に心あり、ことばの後に行動あり」 人をほめることは 簡単そうだけど難しいでも、すごい結果をもたらす。
・勉強が大の苦手であった著者の子どもの頃の出来事。成績が学年で最低だったため、かなり叱られることを覚悟していたが、お母さんは著者が頑張ろうとしていることをほめ、励ましてくれた。著者は涙が出るほど嬉しく、必ず期待に応えようと決意したという。


■熱く生きる
たった一度の人生 悔いのないよう生きよう 熱く熱く生きて燃え尽きよう 一人でも多くの人のために 少しでも世の中のために 僅かでもいいから世界の平和のために貢献して最期を迎えよう この世に人間として生まれてきた証に
・在日米国人と結婚されたユリコ・トンプソンさんのお話。米国へ渡り、夫婦で孤児院への料理の差し入れ等をしていたときのこと、トムさんは交通事故に遭い、未亡人となってしまう。ユリコさんは来る日も来る日も悲しみに打ちひしがれ、廃人同様に。そんなとき、友人を介して著者と知り合い、ボランティア団体の手伝いに参加してもらう。5年後にはみずからが「恵まれない子供を支援する会」をライフワークとして立ち上げる。全米から120人以上のボランティアが集まり、そのほとんどは過去に支援してきた人だったという。それから3年後、末期癌で倒れる。燃え尽きるように生きたユリコさんの話。


■偉人から学び真似する
人間として最も成長できる方法を 知っているだろうか? 偉人から学び真似をすることだ
でも、真似をするのは大変なこと 命懸けの戦いだ できないことも多いけれども
挑戦することが大切だ 挑戦し続けるから、すごく力がつく 今までの自分とは思えないほど
そして謙虚になれる 偉人の偉大さにあられめて驚きながら
・著者のメンターであるA氏は、19歳の時、自身のメンターB氏と出会い、マンツーマンで指導を受けたという。
・A氏とB氏の共通点、それは偉大なメンターから徹底的に教えを請い、自然に無意識のうちに、それを真似したこと。そして、何事にも命懸けで真剣に戦ってきたこと。


■絶対にあきらめない
なぜ簡単にあきらめるのか あきらめたら可能性はゼロになってしまう あきらめなければ いつか
きっと叶う 大切なことは絶対にあきらめずに 挑戦し続けること そうすれば生きがいを得て
人間性も磨かれ 周りにも感動が与えられる
・学生の頃、著者は国語や英語といった文型科目の勉強が苦手で大嫌いだったという。そんな中、高校3年の夏、米国へホームステイをし、アメリカ人や米国文化が大好きになったことがきっかけとなって英語を真剣に勉強し始めた。結果的には米国の経営大学院修士・博士課程で勉強し、教えるまでになった。まさに「人間命懸けで成せば、成る」という体験。
・世のため人のために、何かをしようと決めた時、信じられない力と勇気と知恵が涌いてくる。その高い志を持って、あきらめずに挑戦し続ければ、必ず何事も成就できる。


■相談に乗り励ます
悩んでいたとしても 苦しんでいても 問題だらけでも 人の相談に乗り励まそう人の相談に乗り励ますことこそが 自分自身への最大の励ましにもなるから自分がどんなに恵まれているか 感謝の念が涌いてきて ものすごく頑張れるようになるから
・渡米後、著者が尊敬する方から教わったこと。「人間として最も幸せを感じる崇高な生き方」とは、自分がどんな状況であれ、人の相談に乗り励まし応援し続けること。つまり、世のため人のために生きること。
・その時、著者は米国でホームレス&ジョブレス状態だったが、騙されたと思ってやってみたという。その応援した人の中で最も忘れられない人の一人がトミー。彼は窃盗・恐喝・強姦・麻薬取引等など殺人以外の世の中でやってはいけないことをやり続けていた。毎日が戦いの日々の中、励まし続けた結果、彼は更生することができ、中退していた高校を卒業し、夢であった看護師になった。
・そして、彼は誓う。「自分がどんな状況であれ、人の相談に乗り励まし応援し続ける」人生を歩むと。


■人の幸せを願い祈る
世の中で一番美しい人を知っているだろうか? 人の幸せを願い祈れる人だ どんなに意地悪されてもどんなに苛められても どんなに嫌なことされても だからってその人を憎んでどうする 何の解決にもならない そうしなければならない環境で育ったのだからその人の幸せを願い祈ってあげよう 本当はそんなことしたくなかったのだから
・米国で出会った、本気で人の幸せを願い祈るアメリカ人若夫婦ボブ&リンダ・エマーソンさんの話。ボブは音楽を通して世界平和の一役を担いたいと真剣に願い、孤児院、病院、老人ホームへ行ってはボランティアでギターをひき、歌を歌い続けた。
・ある時、イラクの戦場の映像を見て、「子供たちに音楽を通して夢と希望を与えたい!」と思い、突然イラクへ行くことを決意する。ところが1週間経っても、1ヶ月経っても連絡が来ない。3ヶ月過ぎたある日、テレビのニュースでテロの爆撃によりアメリカ人ミュージシャンたちが子供を集めてコンサートをしていたが全員即死したとのニュースが流れ、ボブの名が読み上げられた。
・5年後、ボブのコンサートを何度も観たという一人の青年が、イラクからリンダのもとを訪ねてきた。そして、ボブから形見として預かったカセットテープを渡す。そこにはイラクのテロ組織で働く若者に対するメッセージがあった。


■命があれば何でもできる
命を粗末にしてはいけない 命があれば何でもできるから 命懸けでやれば、大きなこともできるからだから、あきらめる前に、命懸けでやろう!それもできるまでできるまでやり続けるから、できるのだ成功した人は皆そうしてきたのだから
・米国で出会った先輩、青山さんの話。彼は米国での永住権獲得のため、日本食レストランのシェフになる。永住権取得後すぐに米国で世界平和推進組識の職員となり、米国中を駆け回り、困っている人を激励、応援した。
・著者へ向かっていった言葉。「浜口君、人間は命があれば何でもできるんだよね。だから、僕は何でも挑戦することにしてるんだよ。世界中の困っている人たちのために、残りの人生を使いたいんだ」。それが著者が彼から聞いた最後の言葉になった。青山さんは2001年9月11日にニューヨークで起きた悲劇な出来事で亡くなってしまった。48歳での早すぎる死であった。


■人生は戦い
長いようで短い人生 しかし、それは、壮絶な戦いだ 来る日も来る日も負け続けることもあるだろうそれこそ苦難の連続かもしれない。でも、焦る必要はない最後に勝てばいいからだ 死ぬ直前に「自分は今世で最後に勝った!」と 確信できればいいのだ
・著者のお母様のお話。お母様は自身のファッションデザイナーの夢をあきらめ結婚し、お父様のアルコール中毒、お子さんも極端に体が弱く病気がちである中、自殺未遂を繰り返してしまっていたという。そんな中、自分の夢を子供たちに託し、命懸けで育てようと決心する。
・彼女の夢は、姉と著者が予のため人のため国際的に活躍できる心の優しい人に育つことへと変わったという。



【感想&気づき】
お薦め度:★★★★★(5段階評価)
わかりやすく読みやすい文章であっという間に読めてしまう本。著者の尊敬するメンターたち、そして家族の出来事を通じて感じたことを著者が詩にして綴っている。その内容には共感できる部分が多いし、当たり前のことでもしっかりと「決意」し、自ら「行動」することが大切なのだと思う。
何よりも見習いたいのは、身の回りの出来事から「学ぶ」という姿勢。本のタイトルにもなっているように「たった一言が、人生を変える」ということはあるだろうが、人生において数回という人の方が多いであろう。でも、日々の生活を通して出会った出来事を、いかにして自分の人生においてプラスに転じていくことができるかは、本人の気の持ちようの部分も大きいのではないかと感じた。これからは、もっとアンテナをはり、人とのコミュニケーションから自身の行動に変化を起こせるようなキーワードを抽出していきたい。



【お知らせ】
アウトプットで自己成長!!
http://ameblo.jp/smile-coach

こんなあなたにおすすめ

Smile-coach

基本情報

インデックス・コミュニケーションズ − 浜口 直太

投稿者

smile-coach

最終更新

2008-08-07 07:29:45
 

コメント

  • ■ flyly08@gmail.com

    、本人の気の持ちようの部分も大きいのではないかと感じた。これからは、もっとアンテナをはり、人とのコミュニケーションから自身の行動に変化を起こせるようなキーワードを抽出していきたい。
    ralph lauren outlet uk  2017-05-25 12:15:01

コメント入力フォーム

左の画像内の文字列を入力してください。(スパム防止用)