さがしものは何ですか?

osusume, arimasu.

[書籍] いい明日がくる夜の習慣

 

おすすめ文

【内容】
この本の帯には、「今よりちょっとハッピーになりたければ習慣を変える。この本には、そのためのエッセンスがぎっしり詰まっています。」と書かれている。この本には、著者が進める「明日を帰るための夜の魔法」が52つ書かれている。以下に、各章毎に印象に残った点を挙げる。


はじめに
・人生は、眠る前の3分で決まる。眠りに入っていく直前は、脳波がアルファ・シータ状態、7.5ヘルツ。潜在意識に、なんでも自由に書き込める黄金の時間帯。この時に何をおもっていたのかが、その人の明日の羅針盤となる。ワクワクしながら「うふふ」と微笑みながら眠りにつくといい。


第1章 夜はどう過ごせばいいのか?
・夜は、ワクワクしながら夢についてイメージする。眠る前の3分は、顕在意識から潜在意識に切り替わるとき。人生の夢について思いをはせながら眠りにつけば、潜在意識に夢を刻むこむことができる。これが、明日を幸せにするための夜の過ごし方。
・人間は、人とかかわりながら自分の命を輝かせ、魂を磨いていくもの。「自分時間」と「他人時間」のバランスをとることが重要。昼の「他人時間」と夜の「自分時間」という、一見相反する2つの時間のバランスをとりながら、人として成長していくのが人生の極意。その中で、夜の「自分時間」をもっと大事にする必要がある。
・悩み、不安というものは、放っておくと、どんどん勝手に自己増殖してしまう性質を持っている。心配が、次の新たな心配を連れてくる、悩みが別の悩みへと連鎖していく。
・眠る直前のいいイメージは、夢の実現を加速する。
・交感神経をしっかり休ませれば、明日の活動エネルギーを補給できる。


第2章 早めに自分の部屋に帰る
・幸せに成功している人の共通点は、自分のことが好きであるということ。さらに、自分のことが大好きな人は、自分の持ち物にも愛情を注ぐことができ、自分の車や日用品はもちろんのこと、なんといっても毎日の暮らしのベースキャンプである自宅が好きという特徴がある。
・自分の暮らす家が好きだからこそ、だらだらと寄り道せずに自宅に早めに帰る。早めに帰宅するからこそ、自分の時間がたっぷりとれる。自分の時間に余裕ができるから、明日の準備がしっかりできる。準備ができるから、成功のチャンスを逃さない。こうして、セレンディピティ(成功をつかむ力)がアップするという善循環スパイラルに入っていく。
・あなたの部屋の中で、目に映るモノを減らせば減らすほど、それに比例してあなたの運気と幸福度は上昇する。そうじ、整理・整頓、片づけは、「いい気分」を運んでくるだけでなく、心のチリをも払う幸福の土台作りである。さらに、きれいな部屋には、自然と帰りたくなるものである。
・睡眠前に胃に食べ物が入っていると、消化をするため血液が胃腸に行き、脳へいくべき血液が少なくなる。自然と眠りは浅くなり、妙な夢ばかり見る。体重はみるみる増加、日中はイライラして、能率も落ち、人間関係にもヒビがはいっていく。「失敗サイクル」をせっせと回すラット状態になってしまう。


第3章 リラックスする
・週末は、電気をつけずに真っ暗にして、キャンドルのライトだけで入浴する習慣を持ちましょう。
・逆立ちをする習慣がある人とない人では、老化のスピードがまったく違うそうです。逆立ちをすれば、下半身の鬱血を取り、全身の血液の流れをスムーズにすることができます。加えて、重力の影響で下に垂れ下がっていく内臓を、正常な位置に戻すことができるのです。
・朝には、タンジェリンやグレープフルーツなどの交感神経を活性化する柑橘系の香りがおすすめですが、夜はラベンダーに代表されるような交感神経をリラックスさせて、副交感神経に出番を回す香りがお勧めです。


第4章 不安をなくす
・自分にマルをあげることの多い人は、幸福感で満たされることになる。自分で自分にエールを送ることになるからです。そうすれは、人におべっかをつかったり、他人の目を気にして、自分の意に反することを作り笑いでニヤニヤしたりする必要がなくなります。
・明日の用意を済ませ、安堵感を得る。そのために持ち物リストを作っておき、持ち物チェックを済ませることは大事である。


第5章 ぐっすり眠る
・快適な肌感覚を得られるように、除湿器、加湿器を使う方がよい。湿度を高くすると、のどにやさしいだけでなく、体感温度がぐんと上がるようになる。
・自然塩と竹炭を活用すれば、劇的な安眠効果を得られる。
・ものごとを成就していくエネルギー源は、すべからく「ワクワク感」なのです。ワクワク感を大事にできる人、そしてそれを育てていける人だけが、夢を実現することができるのです。
・今日会った人、みんなに感謝し、「ありがとう」と布団の中で小声でつぶやいてみましょう。最初はこそばゆいような妙な感じかもしれませんが、3日であなたを取り巻く周囲の状況が、どんどん変わっていきます。騙されたと思ってやってみてください。
・眠る前、自分自身への感謝を忘れない。



【感想&気づき】
お薦め度:★★★(5段階評価)
松山真之助さんのお話にもよく登場される著者のことは、前々から聴いていたが、本を読んだのは始めて。
とてもやさしい言葉で、いい明日を迎えるための夜の過ごし方を書いた本である。頭の中にスっと入ってくるフレーズもあれば、正直、照れくさいし何だか宗教じみているような部分も感じる。でも、そういったことも含めて堂々と本に書いているところがすごいなと思った。
私は、眠っているときにあまり夢を見ない。というより、覚えていないようだ。ただ、早起きを習慣にするようにしてから、しっかりとした睡眠の重要性は痛感していた。その良い睡眠を続けるために、その睡眠に入る前の心の持ち方であったり、過ごし方の習慣を身につけていった方がよいなと感じた。
今は、1日1日の疲れを感じ、ベッドに吸い込まれるように横になってしまっているが、今後はラベンダーの香りに包まれながら、一日を振り返って、出会った人に感謝し、そして自分自身をもほめてあげ、明るく、朗らかな気持ちで眠りにつくことのできるよう、心にゆとりを持っていきたい。



【お知らせ】
アウトプットで自己成長!!
http://ameblo.jp/smile-coach

こんなあなたにおすすめ

Smile-coach

基本情報

中経出版 − 佐藤 伝

投稿者

smile-coach

最終更新

2008-08-07 06:46:15
 

コメント

コメント入力フォーム

左の画像内の文字列を入力してください。(スパム防止用)