さがしものは何ですか?

osusume, arimasu.

[書籍] 10歳から起業すると決めていた~30代で年商14億円を達成した私の仕事術~

 

おすすめ文

【内容】
タイトルにあるように、10歳の頃から起業すると決めており、30代では年商14億円を達成したという著者が、これまでの自分を振り返った本。はじめにでは、「夢を実現する自分に会うには?」というタイトルで、以下のようなことが述べられている。
・どうしたら次々と夢を叶えることができるのか。10歳の時からの全てが「夢を実現する自分」になる為に必要だったと感じている。
そう、全てが今に通じているということだ。以下に各章毎の概要・印象に残った点を挙げる。


第1章 起業へと導いてくれた父の教え
・ビジネスの根本とは、「あなたの会社の商品のおかげで助かったよ」とか「あなたのサービスが気持ち良かったよ」といった感謝の気持ちがお金という形で投票されるものというイメージを教えられた。
・私は少しずつ「人と違うことをすることへの抵抗感」を外す訓練をしていたのだと思う。
・上下どちらかに決める。決めきれずに真ん中を選ぶと一番割高になってしまう。
・「すべては自分が選んだこと」。良い結果も悪い結果も、どんな選択も自分の責任であるという感覚を持つ。


第2章 起業のための学校選び、就職活動
・時々、自分の目的を見失ってしまって目標を目的にすり替えてしまう人がいて残念だ。目的というのは追求するものであり、どこまで行っても達成できないもの。目標というのはマイルストーン(道しるべ)であり、達成できるもの。


第3章 会社員生活の中で身につける経営者の基礎知識
・社会人になり、毎日新しいことを吸収できるのが楽しくて仕方なかった。お給料をいただく、お客様からお金を頂戴する、すべては喜んでいただいた、役に立ったことの恩返しだと思うと、嬉しくて仕方がない。
・「仕組み化」ができるか、できないか。これがビジネスをする上でのキーポイント。
・自分の知らない分野に出くわしたら、「苦手意識ではなく未熟意識」で乗り越えていくことが必要。
・外資系で特に必要な力は発言力。正解か不正解かという問題ではなく、自分の考えを人に伝えることが必要。
・アウトプットすればするほどインプットする能力は増強され、インプットされやすくなる。
・著者のモットーは、「Open Mind いつも心を開いて」、「Fun&Happy 楽しく幸せな方法で」、「Stretch&Challege 常に少し上にチャレンジしていく」の3つ。


第4章 ゼロからの出発で年商14億円を達成
・自分が思い付いた1つのやり方に固執してしまい、ビジネスをダメにしてしまう方が、スタッフの前で方向性を変更することよりもよっぽど恥ずかしい。
・「何をやるか」を決めるよりも「何をやめるか」を決めることの方が実は難しくて重要。
・自分をラッキーだと答えた人とアンラッキーだと答えた人。採用してみると自分をラッキーだと答えた人材がメキメキとチャンスをものにしていく人材になった。
・優れた経営者に共通している点は、①素直で謙虚、②感謝の気持ちを忘れない、という点。
・様々な可能性の中で、実際に起きたことがベストなんだという現実を受け入れるということが大切。


エピローグ 成功への道は100万通り
・著者はいま、「伝説のホテル設立」という新しい夢に向かっている。
・「人生やビジネスの成功者」に会った時は、そのやり方ではなく、その時の姿勢やマインドについて注目することが大事。



【感想&気づき】
お薦め度:★★★★(5段階評価)
本全体を通して、著者の熱い人柄が伝わってくるような本。自らが起業に至った経緯、社会人経験を通して感じてきた事柄を読みやすくまとめている。
私自身に印象が残ったのは3つ。「すべたは自分が選んだこと」という自責の感覚の必要性、知らない分野に直面した時に「苦手意識ではなく未熟意識」で臨む、自分をラッキーだと思える人材は伸びるといったこと。
全てを自分が決めたこととして受け入れつつも、仕事を楽しめるようなマインドを持ち、楽しみながら課題を乗り越えていくと、振り返っても自分のことをラッキーだったと思えるのだと思う。
ただ単にノー天気にラッキーと思うことではなく、自然の良い流れを自分自身で創り出し、その結果としてラッキーと思えるようにしていきたい。



【お知らせ】
アウトプットで自己成長!!
http://ameblo.jp/smile-coach


こんなあなたにおすすめ

Smile-coach

基本情報

ダイヤモンド社 − 鶴岡 秀子著

投稿者

smile-coach

最終更新

2008-08-06 08:02:42
 

コメント

コメント入力フォーム

左の画像内の文字列を入力してください。(スパム防止用)