さがしものは何ですか?

osusume, arimasu.

[書籍] Seven Powers

 

おすすめ文

【内容】
2006年11月に発刊されたばかりの本。帯には以下のような紹介がされている。
はるか昔、鳥たちの言葉のわかる人々がいたころのこと。ひとりの若き騎士が、王国を救うため「運命の地」へと旅立つ。そこには恐怖のドラゴン、無限の塔、不可能の谷など、さまざまな試練が待ちうけていた。「7つの力」をめぐる伝説の旅が始まる。
アルボール王国において、聖剣が暗闇の王によって、盗まれた。王国を救う為、あるひとりの若い騎士が試練の旅に出る。その旅を通して、7つの力を試され、手に入れる。
以下に、印象に残ったポイントとともに、7つの力を紹介する。


・木々は、自分たちが何者であるかなどと考えたりはしない。自分の限界を決めつけたりもしない。根をはり、光を求め、成長してゆくだけだ。
・生きるということは、自分の決断に責任を持つこと。その責任の下に、本当の自由が横たわっている。
・人生とは我々に与えられた大きなチャンスのことだ。そのチャンスを活かすために、目の前の試練に立ち向かわねばならないときもある。
・人は時折、解きを待つあまり何もせずに過ごしてしまいがちだ。だが実は、時などというものはいくら待ってもやってきはしない。そう思い立った時こそが、その時なのだ。今でいけない理由など何もないはずだ。
・この旅の向こうに何があるかは問題ではない。それより、おまえがどう歩んでいくかが大切なのだ。
・明るい気持ちで生きようと、暗い気持ちで生きようと、人には同じように死が訪れる。問題は、どう生きるかだ。言い換えれば、どう死と向き合うかだ。
・耳を傾けることは、最も難しい事の1つだとわかる時が来るだろう。耳を傾けるには、心を開かなくてはならない。偏見や過去を忘れ、全てを理解しようとしなくては。
・何か大きな事を成し遂げたいと思う者は大分、その為に小さな事をこつこつとやろうという者は少ない。だが、小さな事を積み上げられる者だけが、偉大な事を達成できるのだ。
・人が何かをしないのは、それが難しいからではない。むしろ、しようとしないから難しいだけなのだ。


①勇気:「勇気は、困難をチャンスに変えてくれる。」
勇気とは、やみくもに恐怖心を捨てることではなく、危険を冒してでも挑むべき事があると気づくことだ。


②責任:「真の成功は、責任感を持ち、すべての失敗は自分が学ぶための貴重な機会だと思えない限り、決して訪れない」
責任とは、自分に降りかかる変化や失敗、そして危機に応える力のこと。


③目的:「何かをする者は、何かができる者よりも強い」
目的とは、意志の力であり、夢を叶えるのだと強く思うこと。


④謙虚さ:「うぬぼれは人の目を闇に閉ざし、謙虚さはその闇を晴らす」
謙虚さは、うぬぼれというレンズに歪められることのない、物事のありのままの姿を見せてくれる。


⑤信じる気持ち:「信じる気持ちは、夢へと導いてくれる力」
信じる気持ちは、一見不可能だと思えることにも挑戦する勇気をくれる。


⑥愛:「愛し、行動せよ」
7つの力のうち、最も偉大なものは会いであり、自分のそして人の夢を叶えるために才能を活かせる人の中にある。すべての力はここに由来する。


⑦協調:「協調なしには、進歩も繁栄もない」
どんな力も、協調がなければ弱い。
そして、最後に著者はこう結んでいる。「7つの力の本質とは、自分のそして人々の現実をよりよく変えていく為に、今ある力を更に磨いていく力。私たちの心の持ち方によって」。


【感想&気づき】
お薦め度:★★★★★(5段階評価)
「Good Luck」に引き続き、著者の世界に引き込まれた。
印象に残った点は、「生きるということは、自分の決断に責任を持つということ」、「小さな事を積み上げられる者だけが偉大な事を達成できる」といったところ。
7つの力、それぞれについて自分の持つ力を意識的に磨いていくことが重要なのだと感じた。
こういった本は、その時々の自分の置かれた状況によって感じる部分が変わってくると思われる。またしばらく経ったら、読み返してみたい本である。



【お知らせ】
アウトプットで自己成長!!
http://ameblo.jp/smile-coach

こんなあなたにおすすめ

Smile-coach

基本情報

株式会社ポプラ社 − アレックス・ロビラ著 田内志文訳

投稿者

smile-coach

最終更新

2008-08-06 07:26:38
 

コメント

コメント入力フォーム

左の画像内の文字列を入力してください。(スパム防止用)