さがしものは何ですか?

osusume, arimasu.

[書籍] やる気を引き出すシンプルなしかけ

 

おすすめ文

【内容】
本の表紙の帯には、このように書かれている。
・こんな簡単なことを実行するだけで、社員・会社がみるみる変わります!
・18の「シンプルしかけ」で人事・賃金の不平不満も一気に解消!
人事コンサルタントである著者が、「人事の悩みはシンプルに解決しよう!」というテーマのもと書いた本。
以下に、各章毎の内容、シンプルなしかけ(番号のついたもの)を紹介する。


第1章 いきなり人事評価・賃金制度を見直してもうまくいかない
・いきなり人事評価・賃金制度を見直したとしても、現状満足している人まで不満となることによって、結果的には社員の不満率が高まってしまう。普通の社員(2:6:2の真ん中)の期待に全て応えることは不可能。


第2章 社員をやる気にしたい
・これから紹介する「シンプルしかけ」のポイントは3つ。「かんたん実行!ばつぐん効果!らくらく継続!」以下、番号のあるものはシンプルしかけ(タイトルだけでは内容はわかりにくいものもありますが、ご容赦ください)
①ESアンケート、②「やりたいことをやろう!」と言う、③人財シート、④「なんで」を言わない


第3章 社内を活性化したい
・社員の数が増えてくれば、どうしても会話は減ってしまう。すると、暗い会社になり、やがて活性化しなくなる。
・仕事のことがわからないと、相手が何を考えているかわからなくなる。すると、自己中心的となり、自分以外の人の仕事のやり方等を批判するようになり、時間の経過とともに皆が「後ろ向き」となり沈滞ムードが漂ってしまう。
⑤「コミュニケーション」でなく「会話」という、⑥「私の自慢・思い」を話す機会を設ける、⑦みんなで掃除する、
⑧ペラいち社内報を作成する


第4章 人事評価の納得感を高めたい
・人事評価への不満が多い理由は、「自分のやったことが適切に評価されていないと思う」、「同期や後輩よりも評価が低いことに耐えられない」、「あいつだけには評価されたくない」の3つ。
・不満をゼロにするための努力としては、「オープンにする」、「わかりやすくする」「評価シートを工夫する」ことが重要。
⑨オープンな「人事評価シート」、⑩人事評価結果のフィードバック、⑪面接ではなく「お褒め&気づきミーティング」を
⑫人事評価シートに○○力、○○性なし、⑬人事評価シート「べからず」集、⑭3段階評価の人事評価シート、
⑮全員参加で人事評価シートの作成・改良、⑯ナンバーワン社員評価シート、⑰村のオキテ遵守シート


第5章 人事制度を変えて売り上げを上げたい
・成果主義を成功させるためには、「全員が納得できる成果を定義できる」、「成果が正確に測れる」、「公平に成果を評価できる」の3つが火乙用である。
・目標管理制度というものは、その運用によっては数年のうちに全員が目標を達成できてしまう可能性がある。
⑱シンプルマトリクス


【感想&気づき】
お薦め度:★★★(5段階評価)
本のタイトルにある「やる気を引き出す」という部分に惹かれて読んだ一冊。著者も賃金・評価といった人事制度を変える前にやるべきことがあるのではないかという提唱こそしているものの、本に書かれている内容は、ほとんどがそのような制度に関するものであった。
個人的には、そのような制度は、変えれば変えるだけ不信感が募ってくるため、あまりイジらない方がよいのではないかと感じた。本書に書かれているように、制度そのものは極力シンプルにしておく方が、複雑で理解に苦しむものりも良いのであろう。
一番印象に残ったのは、第3章の部分。人数が多かったり、部署が違ったりすることによって会話が減ってしまうと、相手のことがわからなくなり、その分不信感や他人批判につながり、「後ろ向き」な沈滞ムードを引き起こすという点。
どうしても、仕事をしていく上で、直接お話をできる場合ばかりではないため、会話不足による相手への不信感というものが出てきがちである、それを防ぐためには、常日頃からの何気ない会話が大事なのであろう。



【お知らせ】
アウトプットで自己成長!!
http://ameblo.jp/smile-coach

こんなあなたにおすすめ

Smile-coach

基本情報

日本実業出版社 − 白潟 敏明著

投稿者

smile-coach

最終更新

2008-08-06 07:22:22
 

コメント

コメント入力フォーム

左の画像内の文字列を入力してください。(スパム防止用)