さがしものは何ですか?

osusume, arimasu.

[書籍] こころのエンジンに火をつける 魔法の質問

 

おすすめ文

【内容】
この本の中には、自分自身に対して問い掛けるための「魔法の質問」が沢山載っている。著者は、プロローグでこう書いている。
・都合の悪いこと、変えたいこと、お金を払ってでもやりたいこと、あなたはそれを知っている。こころのエンジンに火をつけられるのは、自分以外にはだれもいないということも知っている。
以下は、沢山の質問やそれに対する解説の中で、印象に残った点を挙げる。


1.自分を好きになる。
・偶然を偶然だと思わず、必然だと思うことで、いいことがどんどん連鎖していく。
・言葉というものは、とても大きな力を持っている。怒っている時に使う言葉はマイナスの言葉。発した人も受け取った費ともカラダにはよくない。逆に喜んだり、感謝したりする時に発する言葉はカラダにいい言葉である。
・まずは、ちょっとでもいいから自分で自分を認めてあげられる部分を探してみること。


2.自分に問いかけてみる。
・相手を認める気持ちを持つ。評価ではなく承認することが大切。承認とは、「ここまでやったんだね」という到達点を事実として伝えること。
・弱点があった場合、たいていは克服しようとするもの。でも、「受け入れる」という選択肢もある。
・相手を変える一番の方法は、実は自分を変えること。自分の受け取り方を変えてみる。
・がっかりしないですむ唯一の方法は、あまり過剰な期待をしないこと。つまり、期待値を下げてみるのだ。期待値を挙げれば下げるほど、喜びや感激は大きくなる。
・大変な時だからこそ、笑顔をつくり、余裕を持って、楽しみを見出す。そうしてはじめて本当の力が発揮できる。つらい時に絵が追うになれるかどうか。自分に備わる「根っこの力」を引き出すカギが実はここにあるのかもしれない。


3.こころに決める。
・明瞭な目標を1つずつ達成していくことで成長していく人もいれば、大まかな方向性だけ決めれば、あとは流れに身をまかせた方がうまくいくという人もいる。
・自信とは、自分の能力や値打ちをみずから信じる気持ちのこと。
・自分自身において、特化したい部分、捨てたい部分をリストアップしてみる。
・やりたいことを実現するための近道は、やらないことを決めることだ。
・完璧を目指そうとして、その準備ができるまで動かずにいる人、たとえ下手でもいいから、まずはやってみる人。どちらの方が成功する確率が高いだろうか。


4.行動を起こす。
・1つの目標を細かく分けていくことで、最終的な目標を達成できる確率は格段にアップする。目標を100分割するという気持ちが大切。
・著者が、自分自身のことを思い返すと、自信がない状態のときというのは、自分との約束というのが全然達成できていなかった。


【感想&気づき】
お薦め度:★★★★★(5段階評価)
とても読み易く、あっという間に読めてしまう本。でも、1つ1つの質問を自分の中で吟味して、何らかの行動につなげていかないと意味がない。
そういった面では、ただ「読んだ人」と、自分の中で考えながら「読んだ人」とでは、大きな違いがついてしまう本かもしれない。
著者は、プロローグの中で、本書の出版理由を「一人でも多くの人たちに”きっかけ”を作りたい」からと述べている。
著者は、もう1冊「こころのモヤモヤを解き放つ魔法の質問」という本を出され、更にはブログでもこのような内容を発信している。

人に”きっかけ”を提供したいが為に、情報を発信し続ける姿勢。見習っていかなければいけないと思う。
本書の中では、「自分を認めてあげられる部分を探してみる」、「弱点を受け入れるということ」、「期待値を下げれば下げるほど、喜びは大きくなる」というのが自分自身に問い掛け続けたい課題だと感じた。
感じ方も、その時の心境や仕事の状況によっても変わってくると思うので、また半年後くらいに読みたい一冊である。



【お知らせ】
アウトプットで自己成長!!
http://ameblo.jp/smile-coach

こんなあなたにおすすめ

Smile-coach

基本情報

サンマーク出版 − マツダ ミヒロ著

投稿者

smile-coach

最終更新

2008-08-06 05:59:19
 

コメント

コメント入力フォーム

左の画像内の文字列を入力してください。(スパム防止用)