さがしものは何ですか?

osusume, arimasu.

[書籍] ダイエーを私に売ってください。

 

おすすめ文

【内容】
著者は、『洋菓子のヒロタ』を買収・再生したことでも知られるようになった21LADY株式会社代表取締役社長の広野道子氏。本書では、その会社の「ブランド再生によるライフスタイル産業の創造」というビジネスモデルについて、事業ドメイン、コアコンピタンス、経営手法などを述べている。
各章ごとに印象に残った点は以下の通り。


序章 ダイエーを私に売ってください。-広野流ダイエー再生プラン-
・再生のカギは「中内商法」への原点回帰にある。すなわち「流通・川下からの発想」
・21LADY株式会社が一番力を入れているのが「ブランド価値のある企業の再生」。独自のビジネスモデルを確立し、この分野のオンリーワン企業になることを目指している。キーワードは「定番」「アナログ」「温故知新」。


1章 「温故知新」と「女尊男卑」で再生した『洋菓子のヒロタ』-当たり前のことを当たり前にやる-
・ヒロタは景気の悪化や大災害といった外部要因で行き詰まったとされていたが、詳細に調べていくと、3つの内部要因に原因があることがわかってきた。①経験のない新規事業への参入、②新工場への過大投資、③CI導入による店舗のイメージダウン。
・とにかく走りながら考える!悩んでいるヒマがあったら、まずは行動を起こす。徹底的に実行あるのみである。


2章 スピード重視の再生ビジネス-「ゼロから創るよりスピードが早い」が魅力-
・原則として、一度グループに関わっていただいた企業は、半永久的に保有する。
・再生ビジネスに情熱を持って取り組んでいるのは、ズバリ「ゼロから創るよりスピード感を持って、その歴史と文化を大切にして引き継げるから」ということに尽きる。
・再生ビジネスで大事なポイントは、「見込みのないビジネスを見切るタイミング=変わり身のはやさ」である。


3章 低迷・衰退産業こそ宝の山-私が「ドット・コム」を捨てた訳-
・低迷・衰退している産業でも、やり方次第で伸びる余地のあるビジネス分野はまだまだ沢山ある。


4章 「プロの消費者」がニュービジネスを創る-感性を磨き、アンテナを広げて”原石”をキャッチ-


5章 おカネの正しい集め方・使い方-消費者視点の日本初投資会社を目指す-


6章 役に立つ人脈の作り方と効果的プレゼン術-あなたの熱いハートが未来を切り拓く-
・経営者としての財産は”人とのご縁・つながり”。
・ネットワーク作りのコツは”ギブ&ギブ”。お互い相手の役に立てるような対等なパートナー関係を築くこと。


7章 広野流”やってみなはれ”の人財活用術-社員の能力を引き出す法-
・やる気があれば、失敗を恐れずに任せてみる。
・人材が育つも育たないも経営者の責任。
・社員を伸ばすコツは、仕事を任せてやる気と情熱を引き出すこと。


8章 「丹後商人」の遺伝子と「お嬢さん感覚」の融合-私の自然体経営のルーツ-


終章 女性たちよ、大志を抱け!-女性が幸せになれる社会を作りたい-
・やらない才人より、頑張る普通の人の方が実は優秀だ。



【感想&気づき】
お薦め度:★★★★(5段階評価)
先週木曜日、著者の講演を聴いてきた。本の内容と重複する部分もあったが、とてつもないパワーと勢いを感じた。自分がやってきた過去の大変な仕事を笑って話せる。後悔よりもそれを先に活かすことを考えているのだろうと感じた。
また、「仕事が趣味」と平然と言ってのける。しかも「人と会っているときに、発散できる」からストレスがたまりにくいらしい。
本を読むだけではわからない、その人の魅力というものを感じた。
本の中では、最後の「やらない才人より、頑張る普通の人の方が実は優秀だ」。まだまだ頑張れていない自分としては、もう一息やらねばと感じた。



【お知らせ】
アウトプットで自己成長!!
http://ameblo.jp/smile-coach

こんなあなたにおすすめ

Smile-coach

基本情報

徳間書店 − 広野 道子著 高嶋 建夫編著

投稿者

smile-coach

最終更新

2008-08-05 08:08:47
 

コメント

コメント入力フォーム

左の画像内の文字列を入力してください。(スパム防止用)