さがしものは何ですか?

osusume, arimasu.

[書籍] デトックス・バイブル

 

おすすめ文

【内容】
Dr.デトックスと名乗る著者が、現在のデトックスを一時的なブームで終わらせることなく、永続的な生活習慣にしたいと願いながら記した本。各章ごとに印象に残ったポイントをまとめる。


第1章 狙われた未来
・日本は空前のデトックスブーム2005年の6月と10月の調査結果でも、デトックスという言葉の認知率は男性で8.5%→35.7%、女性では26.5%→64.1%と飛躍的に上昇した。
・デトックスは英語で「解毒」や「浄化」を意味する。私たちの生活環境の中に身体の害となる有害物質が沢山存在しており、それらの毒から身を守り、健やかな生活を送ることがデトックスの目的。
・デトックスは、快適な生活の扉を開くいわば鍵のようなもの。人間が本来持っている自己活性力を呼び覚ます。
・デトックスを一時的なブームで終わらせないようにするため、「継続こそが宝なり」であることを心得、そのために自分の体質や生活習慣にあった方法、ストレスを感じない方法を見つけることが大切である。デトックスに終わりはないのである。
・「有害ミネラル」が原因で、肌荒れ、花粉症、肥満、冷えなどが引き起こされる。影響はフィジカルな面だけでなく、メンタルな部分にも及ぶ。


第2章 女性たちのデトックス白書
・デトックス生活を送る10人の女性の1日の生活を簡単に紹介している。


第3章 十人十色のデトックス
・「有害ミネラル」の輩出は、①便から75%、②尿から20%、③汗から3%、④爪、髪に2%となっている。
・腸内洗浄は、宿便駆除という面で効果があるが、悪玉菌とともに善玉菌をも流してしまう。また、絶食、断食をする場合には、ある程度の期間を取る必要がある。(週末断食だとちょっと短い)
・アルファリポ酸、L-シスチン、MSM、ケルセチンを配合したサプリメントはデトックスの強い味方となる。


第4章 有害ミネラルの正体
・有害ミネラルとしては、①水銀、②鉛、③アルミニウム、④カドミウム、⑤ヒ素がある。それぞれ、体内にたまってしまい、排泄されにくい。(本ではそれぞれの内容、特徴を紹介。)
・有害ミネラル以外に気をつけたい化学物質としては、①環境ホルモン(ダイオキシン、農薬のDDT)、②食品添加物、③農薬がある。(本ではそれぞれの内容、特徴を紹介。)


第5章 食べるデトックス
・排泄を行う器官には、腸、腎臓、肺、皮膚(汗腺)、口、リンパ系、胃、肝臓がある。(本ではそれぞれの働きを解説。)
・デトックスに効果がある食べ物としては、ショウガ、ニンニク、ネギ、タマネギ、パクチーのような食べ物自体が解毒効果を持っているものもある。調味料ではスパイス、ハーブなどがよい。


第6章素晴らしいデトックスライフ
・健康にいいと思えば何でも取り入れる「ヘルスショッピング」。次から次へと新しいものに飛びつくのは問題である。デトックスは、今までの健康ブームとは一線を画す生活習慣である。
・まず、①自分の体を知る→②生活のリズムの中にデトックスを取り込む→③マスト項目を決める ことが大切。
・デトックス上手とは、自分のペースや身体、生活のリズムをよく知り、無理せず解毒や排泄をしてる人。


第7章 10年後のあなたに贈るメッセージ
・2002年秋、シカゴでのアンチエイジング学会ではじめて「デトックス」という言葉と出会った。その次の2005年にラスベガスで開かれた学会で、日進月歩の医学界がデトックスという概念の延長線上に新たに作り出したキーワードは「オーダーメイド」という取り組み。人それぞれに合った対処方法があるという事。


【感想&気づき】
お薦め度:★★★★(5段階評価)
いかがだったでしょうか?非常に専門的な解説の部分もあり、読むのに時間がかかった本でした。
よって、内容もやや多めに、なんとなく雰囲気が伝わるようにまとめてみました。
私は、昨年から岩盤浴、今年に入ってゲルマニウム温浴とやらにはまっております。でも、上記のように汗から排泄できる部分はごくわずかなんですね。真剣にデトックスを考えるのであれば、それ以外の食生活もきちんとしていかなければなりません。とういことで、最近はミネラルウォーター(特に硬水)を飲むようにしてます。本日はコントレックスです。



【お知らせ】
アウトプットで自己成長!!
http://ameblo.jp/smile-coach

こんなあなたにおすすめ

Smile-coach

基本情報

マガジンハウス − Dr.デトックス 大森 隆史著

投稿者

smile-coach

最終更新

2008-08-05 07:51:56
 

コメント

コメント入力フォーム

左の画像内の文字列を入力してください。(スパム防止用)