さがしものは何ですか?

osusume, arimasu.

[書籍] 朝10時までに仕事は片付ける~モーニング・マネジメントのすすめ~

 

おすすめ文

【内容】
様々なビジネスに関する指南書を書かれている弁護士の高井信夫さんの著書。
タイトルを読んでわかるように、朝の時間の有効活用を説かれている。
印象に残ったフレーズ、ポイントは以下の通り。

・一流といわれ、実績を上げている人ほど朝10時までには一仕事を終わらせている。よって、モーニング マネジメントは重要
・早朝の1時間は、昼間の2~3時間にも相当する。出社してから10時までの時間を「ゴールデンタイム」に!
・「農業社会」→「工業化社会」→「商業・サービス社会」→「ソフト化社会」と”頭脳”を使う世の中へシフト してきている。よって、仕事の上でも比較を絶する能力格差が見られるようになった。”量的”ではなく”質的” 格差の時代
・仕事には「こなす仕事」と「取り組む仕事」の2つの側面がある。「こなす仕事」を早く片づける3つのコツは、
①必ずタイムリミットを設け遵守する。
②スケジュールを作り、常に前倒し。
③込み入った話でも3分以内に まとめる話術を身につける
・タイムリミットは人から与えられるものばかりではなく、自ら「そうしよう」と思うことが大切
・仕事を進めていく上での最高のツールは「人間」である。競争が激しくなればなるほど、他人の知恵を借り、支援を仰ぐ必要がある
・どんなことでも「始まりはすべて小さい」。大切なことは、どれだけ成功を積み重ね続けられるかである
・「よい兆し」に着目しながら、ひたすら前向きに考え続けると、何かの瞬間にふっと解決法が浮かぶようになる
・自分の願望や計画、目標などを書面化すると、実現度がまるで違ってくることが多い



【感想&気づき】
早朝という時間の有効活用のみならず、仕事を進めていくうえでのコツ・心構えなどを小気味よく記載してある。
早起き大好きの私としては、とても共感する部分が多い本だったが、「頼むなら、仕事が集中している人に頼め」などといった大胆な箇所もみられる。

このようなビジネス書に共通する「スケジュール管理」「目標の書面化」などは、今年に入ってから取り組んでいるが、少しずつではあるものの自分の行動が変わってくるのを実感する。
本に書いてあること全てを心がけようとするのではなく、今の自分に合った部分にポイントを絞り、日々実践していくのがいいのかもしれない。


【お知らせ】
アウトプットで自己成長!!
http://ameblo.jp/smile-coach

こんなあなたにおすすめ

Smile-coach

基本情報

かんき出版 − 高井 伸夫

投稿者

smile-coach

最終更新

2008-07-26 13:14:37
 

コメント

コメント入力フォーム

左の画像内の文字列を入力してください。(スパム防止用)