さがしものは何ですか?

osusume, arimasu.

[書籍] 運命の暗号 「幸せの遺伝子」で人生が好転する

 

おすすめ文

天才と凡人のDNAに大差はない。
人間と猿のDNAに差はほんのわずか。

笑いによって糖尿病の予防になる。
心の持ち方によってガンの進行に違いがある。

これは、既に科学的に証明されている事です。
全て遺伝子の働きから説明がつくそうです。

人間は、持っている遺伝情報のたった2%しか使っていないそうです。
使っていない98%の遺伝情報を使うことによって、まだまだ力を引き出せます。
天才と凡人の違いは、使っていない遺伝子のスイッチをONにするかどうか。

是非、私も、生命の設計図である遺伝子から人間の仕組みを知り、
そして、自分の能力を開花させたいと思います。

自分の能力を開花させて成功したい人はもちろんのこと、
どうせ産まれつきだから・・・
蛙の子は蛙だから・・・
俺は天才じゃないから・・・
と自分に対して諦めている人
、必見です。

まだまだやれる。
そう思える一冊です。


刺さって言葉/得た知識 などなど
・体重60kgの大人は、おおよそ60兆個の細胞でできている。
・人間の遺伝情報のうち、利用されているのはたったの2%にすぎない。
・天才と凡才の差とは、努力を通じて潜在能力を生かしているかどうかの差。
・どのように遺伝子のスイッチにはたらきかけたよいのか。それは、毎日をはつらつと前向きに過ごすこと。
・人間には現状にとどまろうとする守りの本能があります。人間は基本的に変化に対する恐れを持っているから。変わる事が怖いので、いろいろな理由をつけて新しいことに挑戦するのを拒む。
・伸びる人と伸びない人の差は遺伝子と関係あるのか?可能性をの扉を開くカギの一つは「潜在意識」。実現を強く願ってひたすら心に念じ続けると、潜在意識に刻印される。
・放射線治療は、患者の免疫力を利用した治療法。患部に放射線を照射するのは、がん細胞を殺すためではなく、ガンのある場所にわざと炎症を起こさせて、免疫力を活性化し、患者自身の治癒力をはたらきややすくするため。
・心の働きでガンが抑えられることは、科学的な事実。
・自分との考え方の違う人ほど、パートナーにちょうどいいのです。
・ユダヤ人は、徹底的にユダヤの経典を教え込まれる。意味がわからなくてもとにかく叩き込まれる。それによって遺伝子のスイッチがオンになる。
・情熱とひたむきさが出会った人と長くいい関係でいられる秘訣です。
・煩悩即菩提。利他と利己を越えた世界。物事は対極同士のバランスで成り立っている。煩悩と菩提(さとりの智慧)は正反対に思えるが、煩悩も菩提もじつは一体。
・心を入れ替えるといいますが、心の変化が今まで眠っていた資質や能力を引き出す事がある。
・人はだれでも困難な状況に陥る事があります。そういうときのふるまいこそが、その後の人生を決めます。
・人間は、若くても歳をとっても可能性にみちた存在。なぜなら、遺伝子は歳をとらないから。
・幸せというのは、個々人の受け止め方の問題。考えようによって、幸、不幸が逆転してしまう。
・アポートシスとは、細胞の自殺。細胞は寿命を迎えると、丸く変化し始め、細胞核の凝縮が始まります。
・トポシークエンス(地形連鎖)。例えば、畑と水田と川、これらが一つの生き物のように機能しているという考え方。

こんなあなたにおすすめ

夢を叶えたい

基本情報

幻冬舎 − 村上 和雄

投稿者

今井 俊樹

最終更新

2008-05-02 16:17:10
 

コメント

コメント入力フォーム

左の画像内の文字列を入力してください。(スパム防止用)